裁判

【敗訴】知的障害ドーナツ死亡事故で賠償金7200万要求、鶴田さん遺族敗訴 …施設側の責任なしの判決

ドーナツ 鶴田 損害 7200万 裁判
お金 ニュース速報+ 損害賠償 裁判

愛知県安城市の障害者支援施設に入所していた鶴田早亨さん(当時28)が施設の扉から外に出て、近くのスーパーでドーナツをのどに詰まらせ亡くなった事故で、遺族が7200万円余りの賠償を求めていたが、22日、名古屋地方裁判所の末吉幹和裁判長は「施設の職員が扉を開けたことを示す客観的証拠がないうえ、担当の職員が目を離したのは数分ほどで、注意義務に違反したとは言えない」として訴えを退けました。……

【埼玉少女監禁】寺内樺風、二審は懲役12年の判決

寺内樺風 二審 12年
ニュース速報+ 埼玉少女監禁 裁判

埼玉県朝霞市で2014年に当時中学1年だった少女が誘拐され、2年間にわたって監禁された事件で未成年者誘拐などの罪に問われた男(26)の控訴審で、東京高裁は20日、懲役9年とした一審判決を破棄し、懲役12年の判決を言い渡した。2/20(水)14:10 ・カブだっけ?JC結構かわいいこだったんだよな ・このキチ○イ犯人は埼玉でも千葉でもなく大阪出身だからなそこだけは間違わないように迷惑だから犯罪発……

【音ゲー】竹内諒(弟)を殺害しバラバラにした竹内愛美容疑者(姉)にわずか懲役7年の判決wwwwww

竹内諒 竹内愛美 音ゲー 音楽ゲーム
なんJ ゲーム 事件 裁判

弟殺害などの罪女に懲役7年、1審判決を取り消し東京高裁2016年に千葉県酒々井町で弟を殺害した罪などに問われた女に対し東京高裁は1審の懲役10年の判決を取り消し、懲役7年に減刑する判決を言い渡しました。竹内愛美被告(27)は2016年、酒々井町の自宅で、弟の諒さん(当時21)を刃物で刺して殺害したとして殺人の罪などに問われています。1審の千葉地裁は、「殺意を合理的に認定する証拠がない」などとして傷……

【悲報】コープさっぽろさん、大規模停電による損害分を北海道電力に賠償請求へ・・・9億6000万円の損失

裁判 訴訟 お金
お金 なんJ 北海道 裁判

北海道新聞10/7(日)13:36配信■「電源集中でリスク高く」コープさっぽろ(札幌、組合員数170万人)は6日、札幌市内で理事会を開き、胆振東部地震による大規模停電(ブラックアウト)で発生した損害の賠償を北海道電力に請求する方針を固めた。食品廃棄による損害は9億6千万円に達しており、取引先の企業、団体と連携し、近く北電に賠償請求の書面を送る。道内の流通大手がブラックアウトによる損害賠償請求に動く……

【悪夢】東京ディズニーランドでパワハラか…客に指折られ、上司からは「30歳以上のババァはいらねーんだよ」

ディズニーランド 夢と魔法の国
ディズニー ハラスメント 裁判

東京ディズニーランドで着ぐるみアクターなどをしていた社員2人が、過労やパワハラで体調を崩したのは、運営会社であるオリエンタルランドが安全配慮義務を怠ったためだとして、7月19日、千葉地裁に提訴した。社員らは、合計約755万円の損害賠償を求めている。訴状によると、訴えを起こしたのは、それぞれ20代、30代の女性。このうち20代の女性は、2015年2月、時給1100円の契約社員として雇用された。30代……

【未払い要注意!】NHK受信料に時効なし、民法の時効規定は適用されないとの最高裁初判断

支払い 時効 NHK
NHK 裁判

決まった期間ごとに一定の金銭支払いを受けられる債権は、20年間行使しなければ消滅するとした民法の時効規定が、NHK受信料に適用されるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(林景一裁判長)は17日、適用されないとの初判断を示した。訴訟で大阪市の男性は、NHKと受信契約を結んだ後、請求されなかったことから、20年以上、受信料を支払っていなかった。第3小法廷は、放送法はテレビなどの設置者に広く……

【余命vs弁護士】大量懲戒請求、裁判が始まる 神奈川の弁護士が提訴

裁判
ネトウヨ 余命vs弁護士 裁判

全国の弁護士会に大量の懲戒請求が寄せられた問題で、神奈川県弁護士会に所属する2人の弁護士が、請求者の一人だった都内の女性に計105万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が29日、東京地裁であった。女性は、請求棄却を求めた。この問題で、裁判が始まったのは初めてとみられる。訴状によると、女…残り:245文字/全文:395文字2018年6月30日05時00分朝日新聞デジタル※全文は会員登録をしてお読……

両脚切断の重大事故、未成年飲酒運転の少女は猶予刑判決

女性 車 ドライブ
事故 交通事故 福井 裁判

飲酒後に福井県福井市内の市道で乗用車を運転、道路脇に停車中のトラック後方で作業していた男性をはね、両脚切断などの重傷を負わせたとして自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の罪に問われた同市の無職少女=事故当時(18)=の判決公判が6月26日、福井地裁であった。渡邉史朗裁判官は懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役3年)を言い渡した。渡邉裁判官は判決で、アルコール度数の高い酒を一気飲みするなどし……

【悲報】☆シャブ無罪☆広島県警の捜査手法を違法と判断、地裁 覚醒剤陽性反応の尿を証拠採用せず

広島 街並み
広島 裁判 警察

広島地裁(安藤範樹裁判長)が覚醒剤取締法違反(使用)の罪に問われた男性被告(51)に無罪(求刑懲役4年)を言い渡したことがわかった。14日付。広島県警の捜査手法を違法と判断し、覚醒剤の陽性反応が出ていた尿の鑑定結果は「違法収集証拠」として証拠採用しなかった。判決によると、男性は2016年12月、広島市内で複数の警察官から職務質問を受けて逃走。警察官は両肩をつかんで押さえつけるなどし、約4時間後に令……

【速報】袴田事件 東京高裁は再審認めず、一家4人殺害事件で地裁とは逆の判断

Abema 袴田事件 不当判決 再審認めず
ニュース速報+ 袴田事件 裁判

昭和41年に起きたいわゆる「袴田事件」で、東京高等裁判所は、死刑が確定し、その後釈放された袴田巌さんが求めていた再審・裁判のやり直しについて、静岡地裁とは逆に、認めない決定を出しました。一方、4年前に地裁が認めた釈放については、年齢や健康状態などを踏まえ、取り消しませんでした。昭和41年に今の静岡市清水区で会社役員の一家4人が殺害された事件では、従業員だった袴田巌さん(82)の死刑が確定しましたが……

  • 1(current)
  • 2
  • 3